◇出会い系以外で

出会い系サイトといえば、ゲイの出会いにも役立ちますが、お金がかかりますし、いくら出会いの確率が高いとはいっても、相手がサクラであるかもしれないと考えれば、ちょっと怖いと感じてしまいます。それでは、出会い系サイト以外でゲイと出会う方法はあるのでしょうか。
こちらにも⇒無料セックスフレンド

◇掲示板を使う

方法としては、まずひとつ、掲示板の利用があります。どんな掲示板でもよいのです。たとえば、ゲイ掲示板と検索すれば、いくらでもそういうところが出てきますから、そこで募集をしてしまってもよいでしょう。あるいは、メル友や電話友達、スカイプやLINEで話す友達を募集する掲示板で、男性を募集しても構いません。

注意すべきことは、ゲイ掲示板でないところで「ゲイであることを明かす」と、いたずらの標的にされかねませんから、できればその事実は隠しておくべきということです。ネットには心ないことをする人がたくさんいますからね。まずは「話し相手」として相手を募集し、徐々にその方向に話を広げていくのがポイントです。

◇エッチな動画サイトを使う

エッチな動画を投稿、視聴できるサイトを使うのも、ひとつの手といえるでしょう。その方法というのが、まずはそのサイトに登録し、ゲイ動画を検索、そしてそのゲイ動画をアップしている男性のプロフィールページに飛んで、フレンド申請をするのです。

どんな動画を見るにしても、その投稿者名というのは、動画と一緒に表示されるはずです。それをクリックすれば、投稿者情報が見られますから、どうやらゲイであるらしいとわかったら、こちらからコンタクトを取りましょう。わざわざ動画をあげている男性は、ゲイの恋人なりセックスフレンドなりを探している可能性が大。出会える確率はかなり高いといえるでしょう。

また、個人的に撮影した動画を大量にあげているような男性――性欲の極端に強い男性の中には、ときたま女性も男性も愛せるという「バイ」を見かけます。そのような男性にアタックしてみるのもひとつの手かもしれません。

◇SNSを使う

SNSで相手を探すのも、ひとつの有効な手段といえるでしょう。SNSの造り自体は、出会い系サイトとそれほど変わりありません。連絡先の交換や、出会いを求める発言が禁止されているというだけで、ミニメールや友達検索といった機能は、すべて出会い系と同じようなものです。そこでたとえば友達検索から、「ゲイ」と入力して探してみれば、いくらかの男性がヒットするでしょう。
そこからその男性にミニメールを送ったり、友達申請をしたりしてコンタクトを取り、すこしずつ出会いの話をまとめていけばいいのです。

このように、出会い系サイトでなくとも、ゲイと出会う方法はあります。すべて試して、自分が一番得意だなと感じるのを実践するとよいでしょう。素敵な恋人、セックスフレンドを見つけてくださいね。